読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ZaimをやめてMoney Forwardを使うことにした

生活 家計管理

ちょっと前にZaimに少し不満があることを書きました。

Zaimの自動取得機能がいまいち - 手つきポリ袋(マチ付)

 

 いずれも、銀行やクレジットカードの自動取得機能におけるもの。

だましだまし使っていたが、Money Forwardというサービスのほうが使い勝手がいいことを知ったので移行した次第。

Money Forwardとは


無料の家計簿アプリ・クラウド家計簿ソフト|マネーフォーワード

 

Zaimと同じオンライン家計簿・資産管理サービス。

ただ、Zaimが家計簿の面を重視しているサービスであるのに対し、Money Forwardは資産管理の面を重視しているサービスというべきかと思います。

わかりやすい例として、Zaimはトップ画面の一番目立つ位置に月の支出を表示しているが、Money Forwardでは総資産額がまず目に入る。

 

Zaimにある銀行口座からの自動取得機能や、レシート撮影による入力(レシレコというアプリを用いる)もある。

Zaimにない機能としては資産管理が可能となる、資産推移の閲覧、負債の登録、バランスシートの閲覧等がある。

 

個人的に感じたメリット・デメリット

1ヶ月ほど使い、Zaimから乗り換えて感じたメリット・デメリットです。

登録した口座は、都銀1+地銀1+ネット銀行1+クレカ2+証券会社2+財布+レシレコです。証券会社では投資信託をいくつか購入しているだけですので、他の金融資産についてはわかりません。

 

メリット

  • Zaimと違い、地銀の自動取得が完璧である(←これ一番重要)
  • アプリ起動時にクレジットカードの自動取得内容の通知(カテゴリ編集等が可能)があるため管理が楽
  • 複数の証券会社の投資信託の内訳をまとめて閲覧できる(評価損益率も表示される)
  • 資産推移が見やすい
  • クレジットカードの引き落とし通知がある
  • クレジットカードの引き落としが自動で銀行口座からの振替扱いとなる(←これも重要)
  • 自動取得で大きな入出金があった際、通知が出る(解除や細かな設定も可能)

 

デメリット

  • 自動取得の手動一括更新は有料会員限定(タイミングは不明だが1日に1回は自動で更新しているため、急いで更新したい時だけ不便=普段は気にしなくていい)
  • レシレコによるレシート撮影の取得精度はZaimに軍配があがる(ただ、そこまで気にならない)
  • レシートを読み込んでからMoney Forwardに反映されるまでラグがある

 

ちなみに、デメリットにあるレシート撮影(レシレコ)は使わないことにした。

 品目等の細かい情報は家計簿においても必要ない派だし、基本的にはクレジットカードで支払いをしているため入力件数も多くない。

重要なのは集計用のカテゴリ分類とメモが残せること。スケジュール帳とメモを見れば何に使ったのか思い出せれば全く問題ないと考えている。

 

まとめ

まず、資産管理を行いたいというのであれば間違いなくZaimから乗り換えるべきかと思います。 また、クレジットカードを多用する人はMoney Forwardをおすすめします。振替の入力が楽なこと、通知があるため暇な時にカテゴリ編集等が可能です。

 

一方、支出管理やレシートからの品目までの細かな入力を重視する場合(まとめると家計簿的な機能ですね)はZaimのほうが使いやすいかと思います。

 

目的に合わせて選ぶことのが重要。

自分はMoney Forwardのほうが向いていたのでこちらに乗り換えました。