読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リライトシリーズ読了

法条遥のシリーズ作、リライト、リビジョン、リアクト、リライブの4作品を読んだ。

リライト

リライト

 

 

いわゆるタイムリープもので、簡単に紹介すると時をかける少女の現代+複雑版と言ったところ。

このジャンルは好きなので面白かったが、少々複雑すぎるため完全に理解せずに読み進めてしまう人が多いのではないだろうか。自分もその一人。

リアクトまではなんとか理解しているつもりだが、リライブはわかってない部分あり。

検索してみると、考察サイトがいくつかあったので参考にするのもいいかもしれない。

 

タイムリープ系は複雑にしようと思えばいくらでも複雑にできるので、その加減が難しいところだと考える。

単純に複雑にするだけでは読者を不快にするだけ。いかに読者を引き込みながら最後種明かし等をするかにかかっているけど、リライトの最後やリアクトはそういった意味でうまくまとめていた気がする。

理解せずに読み進めてしまったために読み終わった感というものはないけど、あとから読みなおしてみるといろいろと気づく楽しさがある。これも合う合わないと意見が分かれる部分か。

 

ちなみに舞台が静岡県中部で、今住んでいるところに近かったのも個人的には楽しめた。内容的にはどこでもいいのだが、知ってる地名が出ると少し楽しい。

 

リビジョン (ハヤカワ文庫JA)

リビジョン (ハヤカワ文庫JA)

 

 

リアクト (ハヤカワ文庫JA)

リアクト (ハヤカワ文庫JA)

 

 

リライブ (ハヤカワ文庫JA)

リライブ (ハヤカワ文庫JA)